Feelings日暮里整体院 -全身と内臓との深い関連性に着目し身体の内側から変える整体-

東京メトロ日比谷線「三ノ輪駅」徒歩8分。三ノ輪・日暮里で人気の整体院

Feelings日暮里整体院 -全身と内臓との深い関連性に着目し身体の内側から変える整体-
 
Feelings日暮里整体院へのメール予約はこちら
Feelings日暮里整体院への電話はこちらを押してください

・”内臓”が生きる力を作り出している ・内臓は自律神経や姿勢に直結している ・そもそも身体の”ゆがみ”とは何か?

・身体の”軸”を作って安定させる重要性 ・身体が変わっていくプロセス ・”基礎代謝”とはなにか?

当院がどのように身体を観させていただいているのか、一部ですが考え方をご説明します。

 

あなたが感じる痛みや辛さ、不調などのいわゆる”症状”と呼ばれるものを、そのまま受け取るのではなく、

東洋医学、西洋医学、自然の法則などのさまざまな視点をもとに、あなたの身体から大切な情報を引き出しながら身体を一つの個体として観つめなおします。

身体には全ての情報が詰まっていて、自然の決まり事があり、全身がさまざまなシステムでつながり、その根底にはエネルギーが流れています。

様々な視点

  • 自律神経やホルモンのバランスが悪く不調や痛みが慢性化している
  • 検査でも原因が出てこない釈然としないつらさや不定愁訴に悩まされる
  • 姿勢が悪くて気になるが、どうやっても良くできない

当院では、決まった一辺倒の施術の方法や説明を用意してません。

同じように見える”症状”だとしても、人それぞれに問題や状態は全く異なるからです。

 

また”痛みが取れたかどうか”、”違和感がなくなったかどうか”という基準だけで身体を評価しません。

”症状”は嫌なものですが、”不調の最終的なサイン”であって”原因”ではないからです。

 

だからこそ一つ一つの”症状”だけに捉われずに、身体の本当の情報を大切に観ていく必要があります。

 

その問題をよく使われる言葉で言えば【基礎代謝力】がわかりやすいと思います。

これは”生きるために”絶対に必要な働きで、24時間ずっと内臓を中心に無意識のうちに行われている活動に支えられています。

 

”内臓”が身体の生きる力を作り出している

身体は”たまねぎ”のような構造になっています。

 

私たちの身体は、

内側にある組織ほど、昔々の生命の発生初期から存在します。

そして外側にある組織ほど進化しながら新しく付け加えられてきたものです。

 

この昔からある内側の組織が生命としての土台となる”生きるため”に絶対必要な機能や活動をしてくれています。

この中心にあるのが”内臓”です。

 

”内臓”を中心とした内側の組織が

1)外の環境から必要な栄養やエネルギーを取り込んで不要なものを外の環境に捨てる

2)それを運ぶための血液を作り全身の栄養とエネルギーを養っている

という”生きるため”の大前提になる働きをしてくれています。

 

一方、外側の組織になるほど、

高度で便利な機能が付いていますが、その分栄養やエネルギーを大量に消費します。

内臓の作った血液を使うだけ使って、汚すだけ汚すことになります。

その代表が、人間らしく考える”脳”(大脳新皮質)であり、よく筋トレで鍛える表面から見える”筋肉”です。

 

私たちが健康でなくなる時、不調やつらさに悩む時

必ず私たちの優先順位は”外側”の消費が”内側”の供給を押しつぶしています。

 

私たちが生きている以上、この優先順位は必ず”内側”の供給が主導権を握っている必要があります。内臓のサイクル

”生命力”を作ることができるのは、”内側=内臓”の組織だけです。

 

《内臓のサイクル》

・身体に必要な自然(環境)のエネルギーを取り入れて(IN)
  ↓      ↑
・身体の中で循環代謝して(回転)
  ↓      ↑
・要らなくなったエネルギーを自然に返す・捨てる(OUT)

 

不調に陥ってしまうと、余計に頭で複雑に考えてしまいますが、それこそがより不調を複雑にして本当は自然にあるはずの治癒力を麻痺させてしまいます。

”内臓”のIN-OUTが活性化することで、血液の質が変わり、代謝力・免疫力が内側から上がってきます。

 

内臓は自律神経や姿勢にまで直結している

自律神経失調で悩んでいる方が現在ではたくさん増えています。

そして多くの場合は、お薬が用いられます。

 

そもそも自律神経が何をしているのかというと、

血管という”血液の道”をコントロールして血液をどこに運ぶのか

を決めています。

 

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

大まかに言えば、

交感神経(緊張) → 後から進化とともに加わった大脳や筋肉などの血液を使う組織へ

副交感神経(リラックス) → 初期からある内臓や骨に近い深部筋などのより”生きるため”に不可欠な組織へ

それぞれ血液を優先的に運ぶように働きます。

 

血液が細胞の代謝に必要な栄養やエネルギーを運んでいる以上、

血液が運ばれる場所で代謝が活発になり活動が行われます。

 

内臓などのたまねぎの内側の組織が主役になるのは【副交感神経】です。

リラックスしている時や、睡眠時に優位になる自律神経です。

また副交感神経が優位なときほど背骨で重力を感じやすく踵(かかと)でしっかり立てます。

 

 

自律神経失調でよくこんな不調が出てきます。

精神的に落ち着かない・寝れない・呼吸も消化の働きも悪くなる

 

自律神経の特徴を知ることで、内臓がいかに大事なのかが見えてきます。

内臓が良く変わってくると血液の質も循環も良くなり、自然と副交感神経(リラックス)が優位になってきます。

 

すると下垂していた内臓持ち上がって、背骨が身体の中心軸として生きてきます。

自然と背骨は伸びてきて、頭が背骨の上に乗ってきて脳の中まで緊張が抜けてきます。

 

1)内臓を活性化して内側から代謝力を引き出し自律神経まで調整する

↓       ↓       ↓
2)内臓中心の代謝を安定させ姿勢や立ち方や使い方まで変えていく

この2段階を踏むことで、もともとの基礎代謝力を引き出し身体の内側から変わっていきます。

 

次は、一番に痛みや不調を感じやすい筋肉や骨格の問題について。

そもそも身体の”ゆがみ”とは何か?

”ゆがみ”というのは、、、
自力で元のバランスに戻ることができないくらいに
慢性的にそして大きくバランスを崩してしまった関節の骨と骨の構造の異常。

骨盤の歪み

身体には、利き手・利き足があることからも左右に多少の使われ方からくるバランスの違いがあります。

同じように、身体の使い方も人それぞれに様々なバリエーションがあります。

 

でも、これらの”違い”がそのまま”ゆがみ”とはなりません。

“ゆがみ”は無意識のうちに大きくバランスを崩す原因があるために知らぬ間に”ゆがみ”が起こり、元のバランスに戻れずに”慢性的な変形=姿勢の異常”となります。

 

そのバランスの悪さに無意識のうちに不安と異常を感知して防御反応を起こして身体に硬直を起こします。

だから関節構造の”ゆがみ”だけを解消すると考えていても、多くの場合は”ゆがみ”は解消できません。

 

まずは無意識のうちに大きくバランスを崩す”ゆがみ”の原因を解消することで、バランスが改善されて、そこで滞っていた血液循環や神経の通りまでが解消されてきます。

その後でロックされていた関節の骨の位置と動きを改善しながら”ゆがみ”を解消する必要があります。

 

身体の”軸”を作って安定させることの重要性

”ゆがみ“は戻りやすいイメージがありませんか?

 

良くも悪くも身体は「急激な変化を嫌い、安定を好む」性格があります。

無意識のうちに大きくバランスを崩す”ゆがみ”原因があるうちは、”ゆがみ”は戻っていきます。

それはそれの方が身体にとっては楽で自然だからです。

 

そこで重要なのが、、、
重力をしっかり背骨で受けて頭を背骨の真上に置けるように身体に背骨を中心とした”軸“を作っていくこと。

 

私たちの身体は地球の力である”重力”を感知して、それを身体の軸の基準にします。

身体の軸の基準になる”重力”を、身体の中心を貫く背骨に感じることで身体の理想的なバランスと理想的な骨や筋肉の位置が確認できるようになっています。

 

・頭が背骨の真上に乗る

・骨盤から上の上半身が股関節の真上に乗る

 

身体の”軸”をつくって安定させるためには、地球の力=”重力”を感じる力が必要です。

自律神経やホルモンが正常に働く状態になると、身体はリラックスして”重力”を感じやすくなります。

 

つまり身体を本質的に内側から整えることで

結果として、体幹という”軸”がしっかりして自然と”ゆがみ”がない身体に変わっていきます。

 

1)自律神経や内臓の機能、エネルギーの流れなど本質的な問題を取っていく
↓       ↓       ↓
2)重力をしっかり受ける身体の”軸”を作り安定させていく
↓       ↓       ↓
3)関節の動きやロックを調整し身体の連動性を回復していく

この3段階を踏むことで、身体の内側から筋骨格のゆがみや不調は解消していきます。

 

予約リンクバナー

 

身体が変わっていくプロセス

当院では、身体が変わっていくプロセスを2つに分けて観ていきます。

1)一定の代謝レベルの中でより良く改善していくステージ

2)今の代謝レベルを超えて一つ上のレベルに上がるステージ

 

“痛み”を基準に状態の良し悪しを判断したくなるのですが、そうすると、身体の本当の問題点が観えなることがあります。身体は「急激な変化を嫌い、安定を好む」という性格を持っています。

 

このために、

特に長い年月をかけて悪くなってものは良くも悪くもすぐに0→10にはなりません。

 

現在の健康は一定の代謝レベルの範囲でコントロールされるので

①その代謝レベルの中でいかに早く代謝を上げて改善していくか

②低い代謝レベル自体をいかにより高いレベルへ引き上げていくか

そのプロセスを分けて身体の変化を求めていきます。

 

1)一定の代謝レベルの中でより良く改善していくステージ

「痛み」や「不調」の多くは現在のあなたの代謝レベルの中で、代謝が底辺まで落ちてきてしまってそのレベルに身体を維持できなくなってきている状態。

身体が変わるプロセス1
このステージは、現在のあなたの基礎代謝レベルの中で今までより良く回復していくことを求めていきます。

 

施術や体操・トレーニングなどで適切に対応していくと、一定の代謝レベルの中で、身体はより良い状態に変わっていきます。

良くなっていくと最初に比べて変化を感じにくくなりますが、それは身体に変化がしっかり定着していくからです。

 

特に身体が大きく変化していく時には、今まで溜めた老廃物が一気に出たり、変化に身体が順応するために好転反応が出てくることがあります。

このステージでは、元の底辺状態まで戻りやすいので、定期的な施術やケアをして改善に向けていく必要があります。

そして、ここから一つ上の代謝レベルに上がっていく根本改善のステージに向かいます。

 

2)安定した代謝レベルを超えて一つ上の代謝レベルに上がるステージ

更年期障害や慢性的な不調や痛みが起こる時は、代謝が落ちて身体の老朽化と老廃物がたまる方が速くなって今まで当たり前だった代謝レベルからガクンと代謝レベルが落ちたと捉えられます。

逆に今まで当たり前になっている代謝レベルを超えて代謝レベルをガクンと上げていく場合には、身体を維持する代謝自体がガラッと変わっていくことが必要です。

今の代謝レベル

あなたの”今”の代謝力

の限界を壊して、一段高い代謝レベルに上がっていくステージです。

身体が変わるプロセス2・老朽化していた細胞を作り変える
・老廃物を捨てる力がグンと高まる

 

慢性的で体質的な不調やつらさ・癖・姿勢などなかなか”変わりずらい”身体の問題にも変化が出てきます。

 

このステージでは代謝が低いレベルに合わせた身体のシステムや使い方=(立つ・座る・歩く)などの現在の脳の指令自体が変化していきます。

つまり身体のシステムや使い方が本質的に変わっていきます。

今までのシステムから「変わりたくない」という強い抵抗がかかる場合は、今までに感じなかった違和感や不調が出てきやすいので注意深く経過を見ていきます。

 

身体の痛みや不調も本質的なものほど変わっていくのに少し時間が必要なのはこのためです。

当院の患者様の中にもしっかり身体と向き合っている方ほど、突然今までに無いような痛みが出たり、熱や湿疹が出たりといった不調を感じられたりすることがありますが、それを超えると身体の代謝レベルから大きく変化していきます。

 

”症状”がなくなれば現状維持やメンテナンスではなく

ひとつ上の基礎代謝レベルに上げて、身体がより元気に変わっていくことを重要なプロセス

と捉え、できる限り身体が本質的に変わっていくプロセスを提案します。

 

“基礎代謝”とはなにか?

そもそも【基礎代謝】というのは、

”生きるため”に必要で、だからこそ”無意識”で行なわれている活動のこと。

 

当然24時間寝ても覚めても疲れることなく働いてくれています。

そんなずっと働いてくれている機能ってなんでしょうか?

 

意識がシャットダウンする寝たときを考えてみてください。

 

呼吸が止まったら、、、

血液は流れ続けてる、、、

運動はしてないな。。。

 

そう考えると基礎代謝が少しイメージできてきます。

基礎代謝を支えるのは内臓の働きを支える内臓筋の筋肉運動であり、それをコントロールする自律神経や情報を共有するホルモンが中心の活動です。

 

基礎代謝を上げるのに筋トレが推奨されたりましすが、

同じ筋肉活動ですが、筋トレで鍛える筋肉は

夜に働いてくれませんし、基本的には血液を作って綺麗にする活動には全く貢献してくれません。

 

血液は血管で運ばれますが、

血管のコントロールが自律神経でおこなわれ、肺や腸の伸縮(広がったり締まったり)の運動が心臓のポンプを後押しして循環を活性化します。

 

代謝が悪いとむくみやすくなりますが、血液循環が悪いからです。

そして血液循環が悪いのは内臓の伸縮(広がったり締まったり)の運動が悪いのが大きな原因です。

基礎代謝を支える中心になるのは【内臓】です。

 

  • リモデリング → 古い組織やダメになった組織を新しい組織に作り替える。
  • ホメオスタシス → どんな状況でも自分の身体を一定の状態に保つ。

 

【基礎代謝】は”生きるため”の機能で、この2つのことが大きな目的です。

身体を常に新しく、常に良い環境に保っていられるから、身体は健康に向かっていきます。

 

 

[基礎代謝]から見直すことで、
痛み違和感自然と解消していきます。

【基礎代謝】とは…

  1. 単細胞のときから人間までずーっと”生きてきた”根本となる機能
  2. エネルギーと栄養を全身に届けて身体を常に新しく環境を整える代謝力
  3. 内臓の筋肉が中心になって夜寝ていても頑張ってくれている
  4. 精神的な心持ちも身体の動きや姿勢も、どれだけ元気かもこれに左右される

お気軽にご相談下さい

メールでのお問い合わせはこちら

Feelings日暮里整体院
完全予約制
営業時間
10:00〜21:10(最終受付20:30)
定休日
火曜日・金曜日

※営業時間外や接客時、施術中は電話の対応ができない場合がございます。その場合は折り返し電話およびメールにてご連絡させていただきます。お急ぎでない方は、是非メールをご利用ください。

▲トップへ