Feelings日暮里整体院 -全身と内臓との深い関連性に着目し身体の内側から変える整体-

東京メトロ日比谷線「三ノ輪駅」徒歩8分。三ノ輪・日暮里で人気の整体院

Feelings日暮里整体院 -全身と内臓との深い関連性に着目し身体の内側から変える整体-
 
Feelings日暮里整体院へのメール予約はこちら
Feelings日暮里整体院への電話はこちらを押してください

Feelings日暮里整体院が選ばれている理由とは?

 

1.痛みや辛さを身体の基本から追求する

「身体にいいことを実践してもなかなか良くならない」

「自分なりに頑張ってみても、成果が感じられない」

としたら、「身体にいい」とされる知識や情報が今のあなたには、そのまま役に立っていないことになります。

せっかく行動しているのに結果が伴わないどころか、調子が悪くなったという方も多くいらっしゃいます。

だから、あなたにはあなたの身体に

【なにが必要なのか?・どんな方法が役に立つのか?】

を知ることがとても大事なプロセスだと考えます。

当院の特徴は、痛みや辛さの原因となる【問題点】と【必要なもの】の両面から整体・東洋医学・西洋医学・自然法則・エネルギー医学などの、幅広い視点から「身体の基本」に立ち返って徹底的に見直すことにあります。

あなたの身体の【問題点】と【必要なもの】にダイレクトに働きかける整体・情報を提供します。

 

2.日常の身体の使い方をしっかり見直す

「ジムや、ストレッチしてもなかなか変化が出ない」

「普通に生活しているだけでも疲れてしまう」

と感じていたら、そもそもの身体の使い方に問題があることがほとんどです。

使い方が悪いと同じことをしても何倍も疲れます。

身体の使い方:姿勢=「座る・立つ・歩く」というのは”学習”です。

だから、きちんとした学習をすれば必ず変わります。

当院では、整体施術でゆがみや硬直をリリースして身体をあるべき姿に戻し、さらに、シンプルかつ効果の高いメソッドで、身体の使い方をしっかり変える指導をします。

自分の身体と向き合っているけど、なかなか効果が出ない人にほどやって欲しい”身体の使い方”が本当に良くなるメソッドを提案します。

 

3.身体の内側から代謝を上げる

「慢性的な”冷え性”・”疲れ体質”・”お腹の不調”」

「代謝アップのために運動しているのに、疲れてしまう」

基礎代謝が低くなってしまうと、こんなことに悩まされます。

ところで、身体の中で、常に働いている(運動している)場所がありますが、知っていますか?

無意識のうちに働いてくれているところです。

呼吸、消化吸収、そして心臓は常に動いています。

そうです、”お腹”です。

意外とイメージが薄いようですが、内臓の働きはすべて”内臓の筋肉”の運動です。

こんな無意識のレベルで生きるために行なわれている機能が[基礎代謝]です。

だから、無理なく代謝を上げるには”お腹”が働くようにするのが最も効率的。

当院では、整体施術の大きな狙いのひとつを”内臓の活性化”に置きます。

内臓が活性化すると自然と代謝が上がって、血液がきれいになります。

そんな身体なら慢性的な不調も変わっていく余地が生まれてきます。

 
初回限定

お気軽にご相談下さい

メールでのお問い合わせはこちら

 

気になるつらさや悩みご相談ください

  • 自律神経失調症や更年期と診断されて不定愁訴を強く感じている
  • 不安感が強くて外出するのが億劫だったり、パニックになることがある
  • 病院や検査でも問題ないと言われるが身体がおかしい感じがする
  • 眠れなかったり・寝ても疲れが取れない。睡眠薬を使うこともある
  • 冷えやむくみが昔から当たり前のようにある
  • なんとなく身体がいつもダルく、やる気が出ない
  • 慢性的な肩こりや頭痛で薬が手放せない
  • アレルギーや低体温などの体質的な不調がずっと気になっている
  • 猫背や骨盤のゆがみを指摘されるが、すぐに戻ってしまう
  • 立ち方の問題かO・X脚や外反母趾などがひどくなってきている
  • ヘルニア、脊柱管狭窄症、膝・股関節の変形と診断され痛みやしびれがつらい
  • 病気など自分の身体の代謝が落ちていると感じるが何とかしたい
  • 耳鳴りやめまい、起立性障害などで日常生活に支障がある

 
しょうがない、、当たり前のことなんだ、、、とあきらめていること。
当院では「聞く」ことから始めます。

Feelings日暮里整体院
完全予約制
営業時間
10:00〜21:10(最終受付20:30)
定休日
火曜日・金曜日

※営業時間外や接客時、施術中は電話の対応ができない場合がございます。その場合は折り返し電話およびメールにてご連絡させていただきます。お急ぎでない方は、是非メールをご利用ください。

▲トップへ