股関節はどこにある?

『地面と仲良くなる』をキーワードに足首・膝関節の位置と感覚を見直してきました。

足首と膝関節の感覚がついてくると、今までよりずっと重力を感じられるようになります。

 

さて今回のテーマは『股関節』です。

股関節は今までの足首ー膝から繋がる『脚』の付け根にあたる関節です。

同時に『脚』の中では骨盤に組み込まれていて、一番”胴体”と仲が良い関節。

地面との最前線基地が【足首】。

胴体という”本部”に近い場所にある基地が【股関節】。

【膝関節】はちょうどその中間にあって調整役

手足のグラデーション参照)

中間管理職は大変だとよく言われます。

人間の【膝】が壊れやすい理由がよくわかるのではないでしょうか?笑

 

『股関節』は内臓や上半身の状態をよく反映しています。

『股関節』をよくするには、この関節の性格をよく頭に入れておいてくださいね。

 

さて股関節はどこにあるのでしょうか?

お尻の筋肉や太股の筋肉に囲まれているので、股関節はとても感覚しづらい関節です。

いろんな角度からまずは見てみましょう。

2013-06-13 15.21 のイメージ2013-06-13 15.25 のイメージ

2013-06-13 15.40 のイメージ

多くの人が『脚の付け根』としてイメージしやすい場所は【大転子】です。

自分でも簡単に触れることができるのでかわりやすいから、ということもあると思います。

【大転子】は身体の外側にあります。

これでは、”脚”が背骨の軸からは遠すぎて繋がりません

 

【股関節】かなり内側にあります。

私は骨盤の座骨を指標にして、股関節を説明しています。

真横から見ても、前後から見ても、【股関節】は【座骨】にかなり近い軸にあります

だから、【股関節】のイメージを膨らますために、骨盤の【座骨】をしっかり認識します。

 

【座骨を認識する方法】

座骨はその名前の通り、座った時に地面に接する骨。

座っているお尻の下に手を入れると簡単に触れることができます。

座骨は丸みを帯びていますので、それを前側にたどっていくと平らになる場所があります。

そこが分かればパーフェクトです!!

2013-06-13 16.29 のイメージ

【脚の付け根をイメージする】

そのほぼ真上に【股関節】があります。

そこで【座骨】を触って、触った場所を【股関節】だとイメージします。

【股関節】ということはつまり”足の付け根”です

 

【座骨】を触ったまま、イスに立ったり座ったりします

触っている場所が”足の付け根”です。

そこを曲げたり、伸ばしたりする感覚を味わってみてください

 

どうですか?

足のイメージが変わりませんか?

【股関節】は普段イメージしているより、はるかに身体の中心に近い場所にあります。

 

【座骨】を利用して、【股関節】の位置を確認してみましょう!!

そして、触ったまま立ったり座ったりを繰り返して感覚を高めましょう!!

 

関連記事

膝下の感覚が姿勢の基礎になる

足首と膝を友達にしよう

膝の中心はどこにある?

地面と”もっと”仲良くなる方法

足首の中心はどこにある??

姿勢は【重力】を先生にした独学!!

姿勢は学習で決まる!!

【日常生活】には【日常生活】を!!

ポジティブに歳を取ろう!!

そもそも【姿勢】とは何か?

Feelings日暮里整体院

  • 営業時間:10:00〜21:10(最終受付20:30)
  • 定休日 :火曜日・金曜日
  • アクセス:東京メトロ日比谷線
    三ノ輪駅からおよそ徒歩8分
  • 住所:東京都荒川区東日暮里2丁目19-1
    メゾンドウエハラ301号室
  • 電話:03-5615-2028

\お気軽にご相談ください/

Feelings日暮里整体院のホームページはこちら

>Feelings日暮里整体院

Feelings日暮里整体院