そもそも【姿勢】とは何か?

姿勢が悪いってよくいいますよね。

でもそもそも姿勢って何でしょうか?

良くも悪くも姿勢というのは、

【今までのあなたの生活に最適化された形状】です。

そして、最適化されて【形状記憶】されています。

だから姿勢が悪い人が良くするには形状記憶を解除しなくてはいけません。

骨が悪いのか?

よく骨格の歪みとか骨盤の歪みとか骨の配列が問題視されます。

当然のことながら、実際に形がおかしければ、気になります。

でも当たり前ですが、骨は【自分で動けない】のです。

筋肉が悪いのか?

筋肉が伸び縮みすることで骨が骨が動きます。

筋肉が”縮んだまま”になってしまえば、骨もそれに応じて”動いたまま”

これが骨の歪みを起こします。

でもこれも当たり前ですが、筋肉は【指令を受けて動かされている】のです。

では筋肉に指令を出しているのは?

脳・脊髄を中心とした神経系が意識・無意識はあれども指令を出しています。

姿勢の【形状記憶はここ】にあります。

つまり神経系です。

姿勢を変えるには【神経系の形状記憶】を崩さなくてはいけません。

実は、カイロプラクティックは【骨格矯正】という認識が広がっていますが、は骨格を通して神経系に刺激を与えるための技術です。

では悪者は神経系ということでいいでしょうか?

さらに重要なことは、神経系は【感覚を頼り】にして指令を出しているということ。

姿勢は身体のいろいろなところから届く【感覚情報】をまとめて、

神経系が最適と思われる指令を出して、

筋肉が動いて、

骨が動いて、

その結果、形として残ったものです。

だから、【感覚】が姿勢の根本のステップとなります。

骨と骨の間にある関節には、重力を感覚するいわゆる【姿勢感覚器】がたくさんあります。

これを活性化できると【姿勢】やその延長線上にある【動き】の質が変わります。

当院では、今まで見てきた姿勢の根本に近い要素にフォーカスするために

骨や筋肉自体を適正化することに加えて

  • 【神経系の形状記憶】を取り除くこと
  • 【関節の感覚】を活性化すること・取り戻すこと

にしっかりフォーカスしています。

【感覚の活性化】はあなた自身の日常の行動に直結するステップです。

 

姿勢は【今までのあなたの生活に最適化された形状】です。

姿勢が悪いというのは【最適化された】はずの形状があなたを苦しくしているということ。

現在は【最適化される】対象が頭の意識的な活動になりやすい環境です。

【最適化された形状記憶】の矛盾を修正してあげることで姿勢が変わってきます。

 

スクリーンショット_2014_03_26_14_49

「自分の身体なのに…どうして?」と感じる人ほど、身体の基本から見直し、内側から変えてみませんか?

↓       ↓       ↓

2014-02-25 0.05 のイメージ

 

お気軽にご相談ください。

TEL▷050−3697−2021

Mail▷ご相談はこちら

 

 

関連記事

 

Print This Post Print This Post
Feelings日暮里整体院のホームページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)