疲れが取れる睡眠をとるには?

春になってくると妙に眠くて、私は異常なんじゃないか…

と思われる方、よくいらっしゃいます(笑)

でも、春に眠いのは、身体の作り替えで出る老廃物と、冬の間に溜めた老廃物

を捨てるのに身体が働くからです。

 

7f7e6f1529df5c28d8121f27d58c695c_s疲れ(老廃物)がしっかり取れて、身体が自然の中で解放されるためには

質の良い睡眠が取れることが一番。

赤ちゃんの寝ている姿のなんとチカラの抜けていることか…

こんな風に寝れたら簡単に疲れは取れます。

 

 

今回のテーマは『疲れが取れる睡眠』です。

睡眠は身体が休息に向かってリラックス状態に入る活動です。

昼の戦闘モード(緊張)から、いかにリラックス状態に入るかが鍵になります。

 

この身体のon緊張⇄offリラックスに強く関わっているのが自律神経です。

自律神経はon:交感神経⇄off:副交感神経と呼ばれる2種類の神経のバランスで

簡単に言うと、

それは「どこに血液を回すか」をコントロールしています。

 

寝る時にはoff:副交感神経=リラックスが主役になって、

リラックスした時には、血液は”お腹”を中心に回るようになります。

 

疲れ(老廃物)を捨てて、最終的に血液を奇麗にしてくれるのは

  • 肺や皮膚の呼吸→気体の老廃物を捨てる
  • おしっこをつくる泌尿器→液体の老廃物を捨てる
  • 便をつくる腸→固体の老廃物を捨てる

などぜーんぶ”お腹”なのです。

 

だから、寝る時は

「副交感神経が働いてリラックスして”お腹”を中心に血液がめぐる」

という状態になるのが本当です。

 

ところで、

睡眠が浅くて朝から疲労感を感じる人

なかなか疲れが取れないと感じている人

の多くの方に共通すること、、、

 

それは、

日々の生活の中でストレスを強く感じる、とか

パソコンを使ったデスクワークをしている

というのが圧倒的に多いです。

 

イメージしてもらえる通り、ストレスもデスクワークも”頭脳労働”なのです。

今の生活の中で、一番酷使して緊張・戦闘モードに入りやすいのは”頭”で、

つまりそれは血液は頭を中心にめぐるということで、これが問題になります。

 

だから、

  1. 戦闘モードに入っている”頭”をリラックスさせる
  2. お腹の働きを高めて、血液を”お腹中心”になるように促す

という両面から捉えて、

「副交感神経が働いてリラックスして”お腹”を中心に血液がめぐる」

身体に促せれば、自然と疲れがとれる睡眠になっていきます。

 

そうはいっても

これだけ、”頭”を使う社会生活の中で、戦闘モードをoffにするのは

大変なことではあります。

だから、これだけ多くの人が睡眠のことで悩んでいるのだと思います。

 

だからこそ、この部分をしっかり観つめていく必要性を感じています。

 

次回は、

少しでも”頭”の戦闘モードを抜くために効果的な方法をいくつか挙げてみたいと思います。

 

スクリーンショット_2014_03_26_14_49

「自分の身体なのに…どうして?」と感じる人ほど、身体の基本から見直し、内側から変えてみませんか?

↓       ↓       ↓

2014-02-25 0.05 のイメージ

 

身体の痛みや不安、お気軽にご相談ください。

TEL▷050−3697−2021

Mail▷ご相談はこちらから

 

 

 

関連記事

枕と身体と睡眠

『脳』は王様?!

 

Print This Post Print This Post

 

Feelings日暮里整体院のホームページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)