枕と身体と睡眠

最近は、枕の重要性が取り上げられています。

枕の材質から、寸法まで緻密に計算して作る人も多く見受けられます。

テレビなどで紹介しているものをみると、その人にあった枕をつくるために

『ミリ㎜』単位で作っていました。

背骨には”生理湾曲”というS字状のカーブがあります。

首の背骨、頚椎は前に湾曲して、いわゆる『反った』状態が理想です。

身体の理想とされる形状
リラックスできる形状

身体には確かにそんなカタチがあります。

『ミリ㎜』単位で枕を作る意義は

【徹底的に身体に合わせる】というところにあります。

 

生命の特徴とはなんでしょうか?

私は『柔軟性』と『適応性』だと感じています。

そもそも、私たちの身体は”生きている”のではなくて”生かされている”ことが前提です。

環境に『柔軟に適応』することで環境のサイクルに組み込まれています。

そもそも身体というのは

【身体が環境や状況に合わせる】という力が基本にあるのです。

 

寝るとき、寝る環境に合わせて、身体の置き方が柔軟に変わる

これが身体を中心にして、睡眠を考えることに繋がります

 

『ミリ㎜』単位で枕を合わせなくては寝られないということは、

別の言い方をすれば、

その『ミリ㎜』単位の角度でしかリラックスできないということになります。

寝ている最中にも身体は動きます。

寝具に合わせる柔軟性がある身体を考えることが大事です。

 

エアコンによる快適環境のコントロールや電車・車などの移動手段の省力化など

現在の社会は身体に合わせて環境を『便利』にコントロールすることで進化してきました。

私もその恩恵に預かるひとりです。

でも、少し考えてあげてほしいのは、そもそも身体は厳しい環境にも適応する力がある!!

という事実です。

それが『柔軟性』であり『適応性』です。

 

本来は、寝るときは一日のうちで”一番”リラックスするときです。

リラックス=ふにゃふにゃ

ふにゃふにゃならカタチは環境に合わせられます。

 

とはいえ、身体が楽な姿勢というカタチはあります。

枕と一緒に、身体の『柔軟性』『適応性』にも目を向けてあげてほしいと思います。

 

睡眠の質をあげるためには、

身体の【リラックス】が必要です。

そのためにはリラックスした状態

つまり【ふにゃふにゃ】が必要なのです。

 

私はそれを【自分が環境や周りに合わせて変わる】チカラと捉えています。

 

スクリーンショット_2014_03_26_14_49

「自分の身体なのに…どうして?」と感じる人ほど、身体の基本から見直し、内側から変えてみませんか?

↓       ↓       ↓

2014-02-25 0.05 のイメージ

 

お気軽にご相談ください。

TEL▷050−3697−2021

Mail▷ご相談はこちら

 

 

関連記事

 

Print This Post Print This Post
Feelings日暮里整体院のホームページはこちら

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)