姿勢維持と筋肉の使いすぎ

前回の『どうして太もものお肉は落ちにくいのか?』では3つのポイントを挙げました。

・【つま先優位姿勢】→【踵をしっかり使う】

・【膝でバランスをコントロールする癖】→【踵ー股関節でバランスをコントロールする癖】

・【大腿四頭筋優位】→【ハムストリングス優位】

重力の下で、骨格の位置関係上どうしても関節軸に対して働く回転力を【トルク】といいます。

上下の骨が垂直(真上に乗っていれば)にあれば、骨は安定していますが、前後左右にズレていると重力を受けて回転力が働きます。

崩れないように常に重力と関節にかかる【トルク】の力を感知して、姿勢を安定させ、維持してくれている筋肉を抗重力筋といいます。

例えば足首の関節にフォーカスしてみてみます

バランスのいい立ち方をしていても、常に足首には前に倒れるように【トルク】が働きます。

この力に対応して常にふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)は、倒れないように一定の力働いてくれています。

【つま先優位姿勢】では、さらに強く重心が前(つま先)にかかってくるためにより前に倒れる【トルク】が働きます。

そうするとふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)はさらに強い力で倒れないように働く必要が出てきます。

こうして姿勢によって姿勢の維持(重力に対抗する力)にはより強い筋力での二段階の調整をすることになります。

【踵をしっかり使う】ことで重心をコントロールして、一段階の負担にとどめることでふくらはぎの労働量は半減します。

これによって…ふくらはぎの不要な筋肉は落ちていきます。

次に膝の関節にフォーカスします。

太ももの筋肉(大腿四頭筋)は膝を伸ばしたり、膝のクッション性をコントロールするために常に一定の張力で働いている抗重力筋です。

そして前回もお話しした通り、膝はつま先と連携して働く関節です。

つま先が優位になると膝が曲がって、後ろに倒れるように強い【トルク】が働くようになります。

このつま先に連動した二段階目の強い筋力での姿勢維持・コントロールの力に入ると、太ももの前の筋肉は、膝をコントロールするためにとても発達して太い筋肉へと変わっていきます。

これを一段階目で押さえるために、【膝ではなく股関節でバランスをコントロールする】ことが重要です。

これはさらにひとつ理解を進めると【つま先ではなく踵をしっかり使う】ことに繋がります。

今度は股関節にフォーカスします。

普通は股関節には後ろに倒れる【トルク】が働きます。

大腿四頭筋は膝をコントロールする筋肉だといいましたが、その一部が股関節を超えて骨盤の前側に繋がっています。

ですので大腿四頭筋は骨盤を前に倒すように、股関節に前に倒れる【トルク】を引き起こします。

これは足の付け根がくの字に曲がって、お尻が引けた状態です。

お尻の筋肉は姿勢維持と同時に足を後ろに引いて歩く、走るという動作の原動力になる筋肉ですので、よく発達しています。

が、お尻の引けた状態ではやはり必要以上の負担がかかるので【トルク】に対抗すべく二段階目の働きが発動します。

股関節が前に倒れる強い力に対抗して後ろから常に緊張して引っぱり続けなくてはいけなくなります。

同様に後ろから引っぱり返すために不必要な力を発揮させられるのが太ももの裏に付いているハムストリングスです。

ハムストリングスが優位に働いていると股関節には後ろに倒れる普通の【トルク】が働きます。

こうした二段階目の姿勢維持・コントロールを防ぐためには【大腿四頭筋優位→ハムストリングス優位】にする必要があります。

やはりこれもさかのぼっていくと膝、足首の問題と繋がっています。

 

余計な筋肉が付く必要のない身体に変化すると面白いほど、不必要なお肉はなくなっていきます。

姿勢維持のためにいかに2段階目の筋肉の緊張を発動させない身体にするのか。

これが太ももを含めた身体の”余計な”筋肉のボリュームを考える大切なポイントになります。

 

スクリーンショット_2014_03_26_14_49

「自分の身体なのに…どうして?」と感じる人ほど、身体の基本から見直し、内側から変えてみませんか?

↓       ↓       ↓

2014-02-25 0.05 のイメージ

 

お気軽にご相談ください。

TEL▷050−3697−2021

Mail▷ご相談はこちら

 

 

関連記事

 

Print This Post Print This Post
Feelings日暮里整体院のホームページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)