ヒップアップを妨げる要因。

今回も引き続き「ヒップアップの秘訣」を考えてみたいと思います。

 

前回あげたポイントをおさらいすると

お尻が下がるのは”お肉が落ちてくるのではなく、

股関節を中心にした使い方で”お肉がついてしまう”

ということでした。

そして

  • 「足を股関節から使わない」
  • 「骨盤から腰でしっかり”前に”反る」

という感覚をポイントにあげました。

 

でも、そもそもどうしてこんな状態になってしまうのでしょうか?

実は、その要因は、腰や股関節自体にはありません

股関節や骨盤は身体のなかでも重要な場所にもかかわらず、

感覚がとても薄くなりやすいものです。

 

じゃあ、その大きな要因は何かというと

  1. 小手先の動き
  2. 内臓の不調・過労

が大きなものとして挙げられます。

 

小手先の動きを誘導しているのは、下のような要素です。

指先をメインに使う▷パソコン作業、デスクワーク

頭脳労働▷デスクワーク、人間関係、考え過ぎ、眠りが浅い

つま先優位▷ハイヒール、地面を”蹴って”歩く、外反母趾

なんか、今の世の中では耳が痛くなることばかりですね。

 

これらは一言で表現するなら、

「お尻を”後ろ”に残して、身体を”前”で使う動きや姿勢」です。

 

次に内臓の不調・過労です。

これは、このコラムでもよく出てくる要素ですが、

内臓は基本的には、動き続けても疲れない”特別な”筋肉でできています。

 

だから、活動しているのが、当たり前なんですが…

食べ過ぎ・頭の使い過ぎ・冷たいものの取りすぎ

なんかを続けていると、内臓も不調や過労に陥ります。

 

お腹が痛い時に、背中を屈めてしまうことからもわかるように

内臓が働けないと

「お尻は”後ろに”残つカタチ」になります。

 

あとは、股関節は、感情が直接表現される関節ということ。

不安なことや、ストレスがあると、股関節は自然と

後ろに引けて硬直してしまいます。

 

なんか、ヒップアップしよう!!と思ってたのに

ネガティブな要素をたくさん出してきてしまいましたね…

 

でも、逆に言うと、一度こういった要素が

今まで、知らないうちにあなたのお尻を後ろに残して、”下げていた”んだと

知っておくと、

本当の意味でのヒップアップが可能になってきます。

 

それは、一過性ではなくて、外から作られるものでもなくて、

あなたの内面から湧き上がるヒップアップです!!

 

変な表現ですが(笑)、こっちのほうが魅力的じゃないですか?

 

小手先の癖と内臓の状態を一緒に視野にいれてあげると

  • 「足を股関節から使わない」
  • 「骨盤から腰でしっかり”前に”反る」

 

というヒップアップに必要な感覚や

さらには「体幹」を強くする感覚を作っていくのに

もとても理解しやすくなります。

 

スクリーンショット_2014_03_26_14_49

「自分の身体なのに…どうして?」と感じる人ほど、身体の基本から見直し、内側から変えてみませんか?

↓       ↓       ↓

2014-02-25 0.05 のイメージ

 

お気軽にご相談ください。

TEL▷050−3697−2021

Mail▷ご相談はこちら

 

 

 

関連記事

ヒップアップの秘訣とは!?

股関節はどこにある?

大腰筋・体幹に効く!!体操

姿勢は変わる!!

【座骨】で歩こう!!

 

Print This Post Print This Post
Feelings日暮里整体院のホームページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)