身体の回転軸を知ろう!!

今回のテーマは『身体の回転軸』です。

このコラムでは下半身の中心・軸をお伝えしてきました。

それを踏まえて!!

捻り(ねじり)運動について書きたいと思います。

 

『身体を捻る(ねじる)』と言ったら皆さんはどんな運動を思い浮かべますか?

ゴルフ、野球などは身体を捻るスポーツですね。

私たちは歩く時も右の足が前に出る時に左の手が出ます。

これも身体を捻ることで大きな力を生み出しています。

 

では身体はどこで捻りますか?

多くの人は『腰』で捻るイメージが強いと思います。

ここポイントですよ。

実は捻り運動は『腰』がメインではありません。

捻り運動は左右の足の軸の重心移動で行なわれます。

 

例えば、身体を右に捻るとします。

腰で捻ろうとすると、左の足に軸が残っているかもしれません。

これでは『捻り』運動が身体を壊す動きになってしまいます…

 

身体を右に捻る時、

下半身の軸は右下肢に乗ってきます。

右下肢の中心軸がしっかり通ったまま行なわれます。

 

感覚的には、

  • 身体が横に流れずに右足の踵に軸が残る
  • 股関節に体幹が集約されてきて股関節が窮屈に使われる

という感じがあります。

捻り運動は、左右の下肢軸の重心移動に伴って起こる

これ大事にしてくださいね。

 

少し前に『なんば』という身体のさばき方が注目されました。

”体幹が捻れない”さばき方です。

 

これもやはりとても大事なポイントです。

腰は二次的に連動してさらに捻れを強調する場所になります。

 

ゴルフでも野球のバットスイングでもテニスでも同じ。

ボールのインパクト以降はいわゆる前足に重心が移動している必要があります。

インパクトを後ろ足で押し出すような感覚は身体を壊しやすくします

 

『利き足』と『軸足』という概念がありますよね。

これはこの感覚が取れているかどうかの違いです。

本来は左右どちらも軸として機能した方がいいに決まっています。

 

この身体の回転軸がしっかり感覚として体得できると

身体は無理に捻れなくなります。

腰や背中に自然と無理がかからなくなりますので、その周辺の違和感も自然と解消してきます。

 

腎機能にも身体の無理な捻れがとても負担になります。

腎は血液をキレイにする場所です。

 

ポイントのおさらいをしましょう

身体を右に捻って行く場合

下半身の軸は右下肢に乗ってきます。

右下肢の中心軸がしっかり通ったまま行なわれます。

 

捻り運動のイメージを大切にして、是非もう一度下肢の軸の見直しをしてみてください。

これができるようになると

捻り運動が身体を壊す動きではなくなるのはもちろん、

さらにスポーツならパフォーマンスの向上に直結します!!

 

スクリーンショット_2014_03_26_14_49

「自分の身体なのに…どうして?」と感じる人ほど、身体の基本から見直し、内側から変えてみませんか?

↓       ↓       ↓

2014-02-25 0.05 のイメージ

 

お気軽にご相談ください。

TEL▷050−3697−2021

Mail▷ご相談はこちら

 

 

関連記事

股関節はどこにある?

膝下の感覚が姿勢の基礎になる

足首と膝を友達にしよう

膝の中心はどこにある?

地面と”もっと”仲良くなる方法

足首の中心はどこにある??

 

Print This Post Print This Post
Feelings日暮里整体院のホームページはこちら

Comments

  1. お初にご連絡いたします。
    私多少猫背のところがあり、肩甲骨を下げたり・鎖骨を上げたりしていますが、お腹が出てきてしまうこともありなかなか姿勢が良くなりません。

    仙骨(骨盤)を中心に回転させる感覚もわかりません。ピボットアクションをもっと自覚できるようになりたいのですが如何でしょうか?
    抽象的な話で申し訳ありません。
    ご教示ください
    吉川

    1. こんにちは。
      ご質問ありがとうございます。

      ピボットアクションとはバスケットのようなスポーツをやられているのでしょうか?

      軸足というのは、これだけだと漠然としてしまいますが、
      もう少し具体的に言うと、片足立ちした時に
      足の軸の上に背骨を乗せるように預けられるということになります。

      足と身体の軸が一体化しているほど、体は片足立ちしても自然と安定を保つことができます。

      つまり、今回のコラムのポイントにしている回転軸というのは
      両足の2軸の間で、背骨という1軸を移動させて使うと言うことでもあります。

      これが感覚的に理解できると動きの質はとても変化してきますよ!

      試しに片足立ちした時に力を抜いて、内くるぶしの真下で立つように、
      その時に背骨をその内くるぶしの真上に乗せるようなワークをされてみてください。

      猫背の場合は、同じように身体の軸が前後にブレてしまって
      足の真上に骨盤が乗せられず、さらに頭が骨盤の真上に乗せられなくなっている
      状態です。

      猫背を改善するためには、
      上(肩甲骨や鎖骨)の意識よりもした(足や骨盤)の感覚を養っていくほうが
      変化は早いと感じます。

      動きの中ではバランスが極端にぶれてしまいますので、
      面倒臭いと思うかもしれませんが、立った状態や座った状態で感覚を養っていくほうが
      結局は近道になると思います。

      質問の回答になっていますでしょうか?
      ご質問などありましたら、HPの方からでも結構ですのでご連絡くださいね。

      安藤

    2. 早速のご教示ありがとうございます。
      私社交ダンスをスポーツ化した「ダンススポーツ」をやっていまして、いかに体軸を真っ直ぐにして、かつ身体のストレッチなどを活用した動きを求めています。自然な身体の動きからくる踊りと決まった形にとらわれた踊りとの違いを実感しています。

      現在三軒茶屋のストレッチに通っていますが、もう少ししたら安藤先生にお世話になりたいなと・・・その際はよろしくお願いしますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)