重力にしっかり立つ②

今回はアーチ構造のありかについて考えてみます。

 

2.足の裏と背骨の腰椎部と頸椎部がアーチ構造になっている

足のアーチ構造は、前回の踵を使うことと密接な関連性があります。

アーチ構造の特徴は弾力性。

衝撃に対してのクッション機能そして、それから生まれる反発機能の2つです。

 

足の裏は踵、親趾(母趾球帯)、そして子趾(小趾球帯)の三点で身体を支えるようになっていますが、

その中間・中心として内くるぶしがある頸骨が存在しています。

 

つまり立つことで掛かる重力は頸骨を伝わって降りてきて、

足裏のアーチ構造によるクッションによって、

踵、親趾(母趾球帯)、そして子趾(小趾球帯)の三点に分散されるようになっています。

 

クッションというのはアーチの中間に重さがかかるときに機能するもので、

端に重さがかかっても、効果的に機能しません。

だから、

例えば母趾に極端に掛かった時はクッション機能が使えず、

行き過ぎた場合は、部分的に異常な刺激となって

外反母趾のような骨変形の要因になってしまいます。

 

小趾に掛かった場合、踵に掛かりすぎた場合も同様にアーチ構造の特徴が使えていないということになります。

 

腰椎部、頸椎部のアーチ構造は”脊柱のS字カーブ”の中に組み込まれてよく説明されています。

アーチ構造はその上に乗る構造に対してしっかりクッション機能を発揮します。

頸椎部はその上に乗せる頭にかかる重力をしっかり上下に受け流すためにアーチ構造となっているし、

腰椎部はその上に乗る胸郭(肺が入っている肋骨に囲まれた胸の部分)、

腕、そして頭にかかってくる重力をしっかり上下に受け流すためにアーチ構造になっていて、

骨盤で上体全体の支える構造になっています。

 

背骨のアーチは足裏と違って上下に重力を受けます。

大事なのは一番上と一番下、そして真ん中です。

この上・中・下でしっかりとした反りが作られています。

 

腰椎部で言えば腰椎は5個あるので、腰椎1番(L1…一番上)、3番(L3…真ん中)、5番(L5…一番下)、

頸椎部は7個あるので頸椎1番(C1…一番上)、4番(C4…真ん中)、7番(C7…一番下)です。

アーチ構造がしっかりしているということは重力にしっかり対応している証拠です。

 

自分で確かめるときによく壁に背中をつけて

後頭部・背中・お尻・踵がつくように立つというのは有名ですが、

壁がないと感覚が掴みづらいと思いますので、

上半身の感覚として簡単に意識しやすいポイントをお教えします。

 

  • (前)恥骨と鎖骨が前後にズレずに上下の関係にあるようにする
  • (後)仙骨と肩甲骨が前後にズレずに上下の関係にあるようにする
  • 鎖骨を肩甲骨の上の高さに水平に合わせるようにする

 

最初は自分の身体の場所自体が意識できづらいかもしれません。

触って確認して意識してみてください。

そして下半身は前回の踵のイメージを使ってください。

アーチ構造がうまく使えてない人ほど、違和感を感じるはずです。

そしてそれはいわゆる”重力にしっかり立ってない”=”姿勢の悪さ”ということですね。

 

スクリーンショット_2014_03_26_14_49

「自分の身体なのに…どうして?」と感じる人ほど、身体の基本から見直し、内側から変えてみませんか?

↓       ↓       ↓

2014-02-25 0.05 のイメージ

 

お気軽にご相談ください。

TEL▷050−3697−2021

Mail▷ご相談はこちら

 

 

関連記事

 

Print This Post Print This Post
Feelings日暮里整体院のホームページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)