呼吸が身体を変える!!

今回のテーマは『呼吸が身体を変える!!』です。

 

先日、参加させていただいたセミナーで

改めて呼吸の大事さを痛感させられました。

 

呼吸というのは横隔膜の働きを中心として

肺が伸⇄縮することで身体の中のガス成分の交換をしてくれています。

 

そして、それだけではなくて8fa0b6c73b24a453e46af374a6022390_s

しっかりとした呼吸ができると、

 

肺が常に伸⇄縮を繰り返すことで

血液やリンパ液の流れを作りだす最大の

ポンプとして働いてくれます。

 

よく血液循環を良くするために

運動をしたり、お風呂にしっかり浸かるという発想がありますが

 

運動は

意識的に筋肉を伸⇄縮させることで

血液やリンパ液を強力に循環させることができます。

 

お風呂に入ることで、

血管が開いて血液の循環量が増えます。

 

これらは確かに血液循環を高めてくれますが、

血液循環のためにずっとやっているわけにもいきませんよね。

 

その点、

呼吸がしっかりできれば、寝ている時でも

いつも身体の中の循環を作る大きなポンプとして働いてくれます。

 

そして、呼吸がしっかりできると

体幹までもがしっかり生きてきます。

 

肺は肋骨・胸骨・背骨で作られた”胸郭”の中に収まっています

そして”胸郭”の下に横隔膜が張っています。

 

これらの組織は

呼吸とともに伸⇄縮をしているのですが、

実は、背骨を中心にして動いているのが理想です。

 

どういうことかわかりずらいかもしれませんね。

 

胸の後ろには”背骨”が通っています。

胸の前には”胸骨”があります。

そしてその”背骨”と”胸骨”を繋ぐように”肋骨”が繋がっています。

 

”胸骨”も”肋骨”も身体の後ろにある”背骨”に所属していて

”背骨”の動きに連動して呼吸運動が行われます

 

身体の軸=体幹は”背骨”を中心に作られています。

 

体幹が”背骨”を中心にあるので、

頭が背骨の真上に乗せることができて、重力をしっかり受けることができます

 

体幹が”背骨”を中心にあるので、

全身が体幹が主導するように一つの連動性で動くことができます

 

こんな体幹の動きの中で、呼吸も行われます。

 

猫背だったり肩や首が凝りやすいというのは、

”肋骨”や”胸骨”などが身体の後ろの”背骨”に所属できていない証拠

 

結果として肺も”背骨”に所属していないので、

背骨の動きを悪くしてしまうし、

その分、呼吸も浅くなってしまいます。

 

だからこそ、逆に言えば

呼吸を通じて、体幹をしっかり取り戻すことも出来るんです。

 

呼吸をしっかり意識してあげることで、

姿勢も良くなって体幹をしっかりすることができます。

 

そしてそんな身体は自然と体液の循環がよくなります。

 

そんな視点から呼吸を見直してあげたいですね!

 

関連記事

 

「自分の身体なのに…どうして?」と感じる人ほど、身体の基本から見直してみませんか?↓       ↓       ↓

荒川区・日暮里・三ノ輪・南千住で整体をご検討なら、お気軽にご相談ください。

【TEL】▷03−5615−2028   

【Mail】▷ご相談はこちらのフォームから

【住  所】〒116-0014 東京都荒川区東日暮里2-19-1-301 メゾンドウエハラ
【営業時間】10:00~ 21:10(最終受付は20:10) 火・金曜日定休
       ※隔週日曜日▶ ︎️ 10:00~15:00(最終受付は14:00)

新患用小冊子(3_3ページ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Print This Post Print This Post

 

 

Feelings日暮里整体院のホームページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)